子育てを頑張って自信がつきました

スポンサードリンク

精神疾患のこともあり、私は子どもが生まれてから、人並みに育児をすることができない人間だと思っていました。

 

だから最初は、育児休業を明けずに仕事を辞めようと思ったんですが、紆余曲折あった末、仕事を続けたことが本当に良かったのか疑問でした。

 

私は、自分は仕事と育児の両立はできない人間だと考えていました。

 

実際、仕事でも育児でもイライラして、家族にあたったり、子どもの行事に参加できなかったりしていて、「あぁ、やっぱり私は育児は向いていないんだ」とあきらめていました。

 

そして5年ほど経ち、今年に入って仕事を辞め、育児に専念していますが、今のところそれでよかったと思っています。

 

やはりもっと早く仕事を辞めていればよかったかもしれません。

 

苦手な育児を自分の満足のいくまで心おきなくできるからです。

 

満足するまで子どもに時間をかけることで、ある程度の育児ができるので、私もやればできるんだ!という自信がついてきました。

 

苦手なものでもこなせるんだ、と分かったことで、人生全体が満足するものになってきたような気がします。

 

これからまだしばらくは育児に専念していくつもりですが、育児以外のことにも、自分はやればできるんだという信念をもって取り組んでいけたらと思っています。

 

こんなに前向きな気持ちになったのは独身以来なような気がします爆  笑

<投票ありがとうございます♪>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA