感動したこと

スポンサードリンク

昨日、今日とマッサージ店に行ってきました。

 

二店とも中国人が運営しているみたいで、従業員も全員中国人女性でした。

(店内で飛び交う言葉が全て中国語(おそらく・・・)のため)

 

一店目では、整体とカッピングを頼んだんですが、途中で2回人が変わりました。

 

3人に施術してもらったことになりますが、2番目の人のマッサージが好きでした。

 

整体からカッピングに変わる時、カッピングを受けた後の注意点を言われたのですが、ちょうど入れ替わりの時だったのか、部屋に二人の従業員がいて、二人が同時にしゃべるので、私は聞きやすい日本を話す人の方に目を向けました。

 

すると上手な日本語を話す方はなんだか急に態度が冷たくなったような気がしましたが、もう一人の女性はうんうんと感じよくうなずいていました。

 

後でうなずいている女性の名前がポイントカードに書かれたんですが、店名と同じ名前だったので、経営者のようでした。

 

つまり経営者の女性より、他の従業員の方が、日本語が上手かったんですね。

 

私は話を聞く相手を従業員に選んだのが悪かったのか、その従業員はいたたまれなかったのか、ちょっと私に冷たくなったわけです。

(もしかしたら、私の思い過ごしかもしれませんが・・・)

 

もしかしたらその従業員の女性は2番目にマッサージしてくれた人かもしれませんが、今度は感じのいい経営者の人を指名したいなぁと思いました。

 

醸し出す態度って大切ですよね。

スポンサードリンク

二店目は若い中国人女性が施術してくれました。

 

ホットパンツで、メイクも男性好みというか、色気のある女性でした。

 

多分、中国系のマッサージのお店は、男性の接待が主なのかもしれませんね。

 

風俗というわけではないけれど、それに少し近いのかなと思いました。

 

(中国整体を売りにしているところは、そういうところが多いみたいです)

 

施術が終わって、もう一人の従業員も来たみたいで、その女性の格好もミニスカートに長い茶髪でした。

 

私は思わず、じーっと見てしまいました。

 

施術した女性の後ろ姿も、じーっと見てしまいました。

 

やっぱり、今までよく言っていたマッサージ店とは店内の雰囲気も違ったので・・・。

 

でもその女性たちは「フン」という態度もせず(まぁ、当然ですが・・・)、黙ってうつむいたままでした。

 

私は「あぁ、じーっと見てしまって悪かったな」と思い、マッサージはあまり上手ではありませんでしたが、また来ようかなと思いました。

 

このように、日本で仕事をしている外国人は、弱い(?)立場であっても、素直に頑張っている人は応援してあげたくなりました。

 

それは日本人同士でも言えますよね。

 

弱い立場でもけなげに頑張ってる人は美しいのかもしれない。

 

私もそういう人間になりたいと思いました。

<投票ありがとうございます♪>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA