こどもって、親にないものを期待してしまいますね

スポンサードリンク

母親の口出し

私の親(母)は、一見しては口調などは厳しくないですが、あれこれと娘(私)の行動に口を出す人でした。

 

 

今日食べるもの、着る服、次何をするかという細かい行動まで、「ああすれば?」「こうすれば?」といちいち指摘しました。

 

 

青春時代は、母の口出しが息苦しくて、でも自分に自信がないので母に従ってしまって、息苦しい毎日を送っていました。

 

 

当時がそれが普通でしたが、今となってはよく耐えてきたなと思います。

 

 

おかげで、今でも少しそうですが、誰かの許可がないと行動できないという人間になってしまいました。

 

 

母から求められるハードルも高かったので(私にとっては)、自分に対する評価も厳しくなりました。

 

 

私は少し前まで、母のことを「毒親」だと思っていました。

 

 

過干渉であり、本人が望んでいないことを押し付ける人間だったからです。

 

 

今では私の方が精神的に自立しようと頑張ったので距離ができましたが、まだまだ親や他の人に対する依存心は抜けていません。

 

 

子どもがゲームを規制されて喜ぶ!?

でも、そんな親を責めている私ですが、昨日、自分の子どもの行動に考えさせられることがありました。

 

 

私は、昔から母に規制されて育ってきたので、自分のこどもには自由に育ってほしいという思いがありました。

 

 

ゲームもしたいだけさせているし、ごはんも食べたいだけ食べさせているし、勉強だって宿題以外させていません。

 

 

それが子どもの幸せなんだと思っていました。

 

 

でも昨日、スーパーの中でも、こどもが「ゲームかして」というので、これはゲーム中毒になっていると思い「絶対だめ!!」というと、こどもは素直に「ぼく、ゲームしない」と言い出しました。

 

 

あんなにゲームばかりしていて、私もそれが本人のしたいことだと思っていたのに、親からゲームを規制されることを嫌がりませんでした。

 

 

むしろ、こどもはそれを望んでいたようでした。

 

 

その日一日、子どもはゲームをしませんでした。

 

 

私は母から規制されて育ったから、したいことをさせてやることがこどもの幸せだと思っていたのに、私の子どもは、母のような指導的な教育姿勢を望んでいるような気がしました。

 

 

目をかけてあげて、導いであげるような態度が、私のこどもにとって、必要だったようです。

 

 

これを知った時、私は一概に母を責めることはできないと思いました。

 

 

母は過干渉ではあったけど、ある程度目をかけてくれた事実を無視して、ないものねだりしている私がいる。

 

 

もらったものを無視して、完全なる自由という、もらえなかったものばかりを見ている私がいる。

 

 

それに気づきました。

 

 

心理カウンセラーの心屋仁之助さん的に言えば、「愛は空気のように、すでにそこに存在する」ですかね。

 

 

母は母なりに愛をもって育てていてくれたことに気が付きました。

スポンサードリンク

 

愛を感じて生きていきたい

私は病気のためか、発達障害のためか、もともとの性格なのか、すべてのことが面倒くさくて、生きることも面倒だと思ってしまうことがあります。

 

 

昔は、ごはんをたべるのも面倒でした。

 

 

だから、育児というものが、自分以外の存在をこんなに気に掛ける必要があって、こんなに大変なものだと実感した時は、少し絶望しました。

 

 

自分のことさえ満足にできないのに、子どもの面倒なんてみれない。

 

 

こう思った時期が長くありました。

 

 

でも、よく言われることですが、母親も子どもと一緒に成長する。

 

 

病気や障害を抱えていない親だって、子どもに見捨てられて、老人ホームで孤独に死んでいく人がいる。

 

 

ハンデを背負っている人ばかりが不幸ではない。

 

 

だから、そんなに悲観することはないと。

 

 

 

 

私は不出来な親ですし、これからも駄目なところをたくさん実感するかもしれませんが、今の3人家族で、楽しく人生を歩んでいけたらと思っています。

 

 

あまり後ろを振り返らず、前を向いて、明るく生きていくことが私の理想です。

 

 

育児の合間に好きなことをして、また家族の団らんも楽しんで、幸せな人生をおくっていきたい。

 

 

いつか何かで後悔することがあるかもしれませんが、それでもその時その時決断を大切にして行動していきたい。

 

 

今を精一杯楽しみたいと思っています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA