今日は仲良しのママ友と、最後の朝の登校日

スポンサードリンク

今日は小学校の終業式です。

 

式服を着て、登校しました。

 

まだ小学1年生なので、朝は私がついて行っています。

 

2年生からは一人で学校に行くことにしているので、一緒に登校するのは今日で最後でした。

 

 

 

 

学校へはお友達2人と一緒に、待ち合わせて行っています。

 

みんな小学1年生で、私も含め、お母さんと一緒に登校しています。

 

私と子どもをこのグループに誘ってくれた人は、そのうちのお母さんの一人でした。

 

 

 

 

思えば去年の夏休み、ラジオ体操をしに地域の集まりに行った時に、そのママ友と会いました。

 

ずっと同じ地域に住んでいたのに、一回も顔を合わせていなかったので、その時が初対面でした。

 

ラジオ体操ではとくにしゃべることはなかったのですが、2学期が始まり、偶然学校で出会った時に、「朝一緒に登校しない?」と誘ってくれました。

 

子どもは、違う地域の保育園に通っていたので、仲良く遊べる友達もおらず、これ幸いとOKしました。

 

私としても、今の小学校では知り合いがおらず、ママ友と呼べる人がいなかったので、これをきっかけに仲良くなれたらと思いました。

 

スポンサードリンク

 

 

実はそのママ友も、精神疾患を抱えていました。

 

あまり病気のことを話すのを躊躇しない人だったので、驚きながらも色々と話を聞きましたが、私は共通点を見つけられてとても嬉しくなりました。

 

そして私の統合失調症のことも話しました。

 

いつもの会話ではほとんど病気のことは話しませんが、たまに「最近薬飲み忘れているわ」とか「~病院行ってるよ」とか、世間話として出てきます。

 

 

 

 

そのママ友はとても優しい人で、物事をはっきり断定しないところが安心できて、仲良く付き合っています。

 

親戚づきあいでも、一般的な人づきあいでも思うのですが、私は言い分を押し付けてくる人を好きにはなれません。

 

世の中ははっきりものを言う人がいいとされていますが、私はそんな人は苦手です

 

今のママ友と付き合って、心が安らかになったことで、改めてそのことが自覚できました。

 

やっぱり病気になる人は、ちょっと心が弱いと言うか、優しすぎるのかもしれませんね。

(自分で言うか・・・

 

弱肉強食の世の中でサバイバルするには、抵抗力がないのかもしれません。

 

私は以前、デイケアの見学に行ったことがありましたが、そこにいる人も優しい人ばかりでした。

(特に男性です)

 

物事をはっきり言えず、こういったら相手が傷つくかなと考える人達でした。

 

一般的には強く生きていくことがよしとされていますが、私はそんなところで戦って生きるよりも、弱くても優しい人と一緒にいたい。

 

そんな人たちに囲まれて生きていきたい。

 

そんな人達と出会って、強くそう思いました。

 

 

 

 

4月からは、子どもたちだけで登校するので、そのママ友とも、あまり会えなくなります。

 

でも、LINEでつながっているので、何かあれば色々連絡を取り合いたいと思います。

 

女性限定の「愚痴を吐き出す会」みたいなものにも、お互い所属しているので、たまにそこで会えたらと思います。

 

明日から春休みですが、一度くらいは子どもと一緒に、そのママ友の家に遊びに行けたらと思っています。

 

☆おすすめ商品☆

<投票ありがとうございます♪>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA