ケトン体代謝の体質になりたいけど・・・

スポンサードリンク

こんにちは、はなです。

糖質制限をし始めてから、2か月ぐらい経とうとしています。

はじめは「やせるおかず」やMEC食を頑張って、タンパク質や脂質を増やし、炭水化物を食べるのをかなり減らしてきましたが、ここにきてそれも限界がきたようです 汗

糖質制限は脳にもいいと聞いていたので、本当はケトン体が出るまで頑張りたかったのですが。。

(ケトン体は糖代謝から脂質代謝に変わった時に出ます。本当はブドウ糖でエネルギーを補うのではなく、ケトン体という脂質を元にしたエネルギー代謝に変化した身体になりたかったのですが・・・)

 

ここにきて挫折してしまいました!

なんと今日はカップ焼きそばを食べてしまいました。

糖質量66g・・・。

かなり多いですね。

理想は一食当たりの糖質量は20g以下なんですけどね。

でも、プロテインやチーズなど、タンパク質や脂質を補うことも忘れませんでした。

完全に糖質制限をあきらめたわけではないんですよね。

ほそぼそと継続していこうと思います。

 

でも、運動をあまりしないで、食べ物を減らしてダイエットするのは、代謝が悪い身体にならないですかね。

ダイエットを止めて、普通に食事をしたら、また一気に太るような・・・。

そういう意味でも、一生炭水化物を食べない食事にしない限りは、ダイエットの食事でもエネルギーとなる炭水化物を少しは取った方がいいような気がします。

なにより美味しいですしね、炭水化物(糖質)!

一生我慢するなんて無理だと思います。。

脳のエネルギー元には、ブドウ糖よりケトン体の方がいいらしいですが、炭水化物を少しでもとるとケトン体が出なくなるので、その体質になるのはあきらめないといけないかもしれませんね。

スポンサードリンク

先日の血液検査の時、尿検査も一緒にしたんですが、もちろんケトン体はマイナスでした。

付け焼刃の糖質制限じゃ、ケトン体は出てくれないんですね。

残念です。

 

いろいろなダイエットの本を読みますが、今は糖質が悪者にされている風潮で、糖質はいろいろな病気の元になると言われています。

ガン、統合失調症、糖尿病、歯周病など、糖質がもととなる病気はたくさんあるらしいです。

糖質を取るのにも罪悪感がある今日この頃ですが、お菓子を減らし、大量にごはんやパンを食べないようにして、ゆるい糖質制限を継続していきたいです。

(ちなみに、糖質制限をしてから、お菓子を食べたくなる欲求はなくなりました!)

子どもの小学校が開始する9月からは、またジム通いも再開したいです。

少しでも体重を減らすよう努力していきたいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA