【保存版】統合失調症が改善した私の方法

こんにちは、はなです。

統合失調症でおそらく発達障がいもある専業主婦ですが、つつがなく日々をおくっております。

 

毎日朝食後、抗精神病薬のジプレキサ1mgをのんでいます。

のんだりのまなかったりした時期もありましたが、毎日のむとやはり調子がよく人の視線が気になる回数が減りました。

薬の他にも統合失調症を改善させるために、独自で食事療法や運動をしています。

薬より即効性はないですが、着実に効果が出てきています。

TwitterにUPしたつぶやきを見たら分かるように、犬を飼い始めたり、一日1回は外出したり、旅行に行ったら各地を観光できるようになりました。

薬と違って副作用がないのもいいですね。

今回は私の統合失調症が改善した食事療法や運動を紹介したいと思います。

 

私の統合失調症対策①:三食きちんと食べる

ダイエットしたい気持ちはありますが、お腹が空くし栄養をちゃんと摂るために毎日三食をしっかり食べています。

特にタンパク質(肉や魚)や野菜は意識しないと食べない性格なので気を付けています。

私は精神疾患の人は減らした方がいいと言われているごはん、パン、チョコレートなどの糖質をよく食べますがあまり気にしていません。

食べ物を減らすことよりもタンパク質などの栄素を身体に入れることの方を重要視しています。

 

私の統合失調症対策②:サプリメントをのむ

精神安定のためにサプリメントをのんでいます。

といっても特別なものではなくビタミンやミネラルなどベーシックなものです。

精神疾患の人は質的栄養失調があるらしく、基本的にサプリメントで補った方がいいそうです。

上記のブログでも紹介されているアメリカ製のサプリが価格が安く含有量も多いので、アイハーブ(←よければこのリンクからどうぞ!お得に買い物ができます)から取り寄せています。

アメリカにはcGMPという独自の基準があり、製造方法から品質管理までを法律で厳しく取り締まっているので、法律によってサプリメントの品質が保障されているから安心です。

私がのんでいるのはビタミンサプリ(ビタミンC・B・E)、ミネラルサプリ(鉄、亜鉛、マンガン、マグネシウム)、オメガ3脂肪酸、マルチビタミンミネラルです。

どれも上記ブログで統合失調症に効くと書かれているものです。

 

【ビタミンE・ビタミンB-50・ナイアシン・ビタミンC】

 

【亜鉛・鉄・マグネシウム・マンガン】

 

【オメガ3脂肪酸・マルチビタミンミネラル(女性用・鉄入り)】

 

【粉末ビタミンC(Amazonで1Kg1700円は安い!)】

 

私のサプリののみ方を表にしてみました↓

補足

  • 私は薬やサプリが効きやすい体質なので、ビタミンC以外は規定よりも少なめにのんでいます
  • 含有量の多いサプリをのんでいるので肝臓や腎臓に負担がかかってないか心配でしたが、むしろ血液検査の結果は良くなっています
 メーカー含有量
(㎎/粒)
のむタイミング注意
ビタミンE
Now400朝食後1粒
ビタミンB-50Nowコンプレックス朝食後&夕食後1粒ずつ
ナイアシンLife Extension500朝食後&昼食後1粒ずつ慣れるまではナイアシンフラッシュで皮膚が紅潮しかゆみがでる
ビタミンCSolaray
(こだわりなし)
1000毎食後腸耐用量に慣れるまではお腹が緩くなる
亜鉛Now50夕食後1粒とりすぎ注意
Now36夕食後1粒とりすぎ注意
マグネシウムDoctor's Best
(こだわりなし)
2001日1粒(食後)お腹が緩くなるかも
マンガンSolgar
(こだわりなし)
81日1粒(食後)
オメガ3脂肪酸NowEPA=500
DHA=250
朝食後1粒
マルチビタミンミネラル
(女性用・鉄入り)
Nowマルチ1日1粒(食後)
粉末ビタミンCヘルシーカンパニー
(こだわりなし)
(1Kg)1~2時間毎に付属の小さじ1杯ずつ腸耐用量に慣れるまではお腹が緩くなる

ビタミンサプリは2017年8月からのんだりのまなかったりを繰り返していますが、だんだんとイライラが減ってきました。

ミネラルサプリは2018年4月から開始し、特に亜鉛と鉄はのみ始めてすぐに、寝起きが良くなったり鬱っぽい気分が減って行動的になりました。

オメガ3脂肪酸は鬱に効果的なことと将来の脳の健康のためにのんでいます。

ちなみに統合失調症とは関係ないですが、オメガ3脂肪酸をのみ始めて半年で中性脂肪の数値が標準値になりました。

マルチビタミンミネラルはビタミンD(鬱に効果的)を摂るためと総合的な栄養が不足しないためにのんでいます。

マルチビタミンミネラルを取り始めると、栄養が満たされたのか甘いものへの欲求が減ってきたような気がします。

 

私の統合失調症対策③:プロテインを飲む

精神疾患の人は糖質過多&タンパク質不足らしいので(上記ブログより)、タンパク質をプロテインで補給します。

アミノ酸の中でもメチオニン、チロシン、トリプトファンが精神安定に効くらしいですが(下記サイトより)、アミノ酸スコア100のホエイプロテインを飲めば全て解決なので、明治ザバスを付属のスプーン3杯(約21g)×250mLの水で溶かして気付いた時に飲んでいます。

(毎日ではありません)

ザバスがなくなったらアイハーブで安くて美味しいという海外製のプロテインを注文しようと思っています。

プロテインを飲んでも即効性はないですが、イライラが解消したのはビタミンと一緒にプロテインを飲んでいたおかげかもしれません。

 

私の統合失調症対策④:週一回運動する(ホットヨガ)

母から勧められ運動嫌いの私がイヤイヤ始めたホットヨガが今ではライフワークになっています。

ホットヨガで血液検査の数値(ALT・γ-GTP・中性脂肪)が全て改善しました!

2018.05.10

ホットヨガは暑くて辛いけど効く!

2018.02.16

ホットヨガをすると汗をかくのでストレスが発散されるし、甘いものが食べたくなくなって糖質を減らせるので、結果的に精神安定につながっています。

運動は精神疾患の人に多いメタボ体型にも効果があります。

私は上の記事のようにホットヨガを1レッスン1時間×週1回×2か月間続けると、肝臓の数値が標準値まで下がりました。

これからもっとホットヨガの回数を増やしてダイエットにつなげていこうと思っています。

 

【保存版】統合失調症が改善した私の方法まとめ

私は昔から健康的なことが嫌いで、甘いもの大好き&運動嫌い&昼夜逆転生活とネクラな性格でした。

家族への義務感から料理をバランスよく作るようにし、だまされたと思って海外サプリやプロテインを摂るようになり、偶然ホットヨガを始めると、いつのまにか行動的でテンションが高い普通の(?)人間に近づけたような気がします。

これらのことは無理して続けるのではなく、気が向いた時だけやるというのがコツだと思います。

自分を追い込まずにその時の気分を一番大切にして生きていくと、統合失調症が自然に改善しました。

こちらの記事もどうですか?