発達障害の人生は、山登りと似ています

普通の人は、余裕があって、いい意味で上からものを見ることができます。

自分の気持ち、他人の気持ち、周囲の状況、将来の予測など、発達障害者には見通しにくいことが、生まれつきできています。

その逆に、発達障害者は、以上のようなことができにくく、定型発達者中心のスピード重視の世の中では、ついていけないことがあります。

(そうなんです、自分の気持ち、感情すら分からないことがあります)

いつも余裕がなくて、慌てふためいていて、自分を振り返る時間がない。

一体なんのためにこの世界に生まれてきたのか、何をしたいかなど、考える余裕がありません。

 

 

私は、仕事を辞めて、時間を作って、ゆっくりとした生活に自分を慣らしていった時、自分を振り返る時間をもって、感情を表現する努力をしました。

今まで、一番ないがしろにしてきた自分というものへ、関心を持とうとしました。

それは周囲への反発もありましたが、自分が今したい、と思うことを少しずつ、世界に向かって表現してきました。

それは、ないがしろにしてきた負の自分を認める、ということでした。

 

 

今までの私は、常に自分が、周囲の人間とは何か違う存在である、という思いがありました。

CMでも、ドラマでも、ニュースのインタビューでも、みんな笑って生活しているのに、私にはそんな楽しい思いがない。

青春時代も、いじめがあったりして、地獄の日々だった。

社会人になってからも、窓際族で、重要な人間とは思われない。

お化粧やファッションに凝ったりして、同世代と同じことをしようと思って頑張っても、いまいち似合わない(笑)

結婚、出産をしたはいいけど、病気になって、まともに育児をできない。

 

いつも、悪い面を考えてしまう。

マイナス思考である。

被害妄想がある。

 

こんな人生を送ってきました。

 

それが、仕事を辞めてからは、自分の感情を中心とした生活に180度変えることにしました。

 

寝る、休む、ぼーっと動画を見る、ふらふらとドライブに出かける、本屋で興味のある本を探す、映画を見に行くなど、その時その時、思いついたことをただ実行していきました。

最初の時は、そのほとんどは寝ることでしたが。

人生に疲れているという自覚はあったので、とにかく最初は休養することに専念しました。

 

すると、少しずつですが、こんな人生でもいいかな、と思うようになりました。

少しずつプラス思考になり、毎日が楽しくなりました。

その時思いついたことをすることが、こんなに楽しいとは思いませんでした。

 

私は、今まで自分の人生は、ベルトコンベアーに乗せられたように、学校→就職→結婚→出産と送らなければならないものだと思っていました。

でも、この機会に、そのパターンを崩そうと思いました。

まずは、ただ、寝て、休む。

そうして初めて、本当の自分を取り戻せたような気がしました。

 

そうすると、少しずつ、私の目線が上がってきました。

自分の感情を客観的に見れるようになりました。

 

まず「楽である」ということ。

 

今までは、主に母親に急かされて、息のつけない日々でした。

 

以上にあげたような、べルトコンベアーのような毎日を送らなければいけないと思ったのは、母親の影響がかなり大きいと思います。

私は結婚して出産しても、夫よりも、子どもよりも、親の言うことを一番にきいてきました。

なぜか、一番に母親を尊重しなければならない。

そんな思いがありました。

 

でも、一度レールから外れて、一人になってみて、ゆっくりと自分のための時間をつかうように努力すると、まるで山を登るように、視界が広げることができるようになり、自分の状況を少しずつ客観的にみれるようになりました。

「他の人たちは、こういう人生を送っていたのか」

そんなことが分かるようになりました。

 

毎日が楽しい。

そんな気分を初めて味わいました。

自分の感情を味わったのは、初めてでした。

「道端に咲く一輪の花」が美しいなんて、初めて思いました。

 

今はまだ、私は山登りの最中です。

まだまだ、定型発達の人がいるような、見晴らしのいいところには行けていません。

周囲の状況なんて、他人の感情なんて、なかなかわかりません。

もしかしたら一生分からないのかもしれません。

 

でも、毎日のささやかな楽しみを、味わいたい。

周囲に影響を及ぼす人間ではないかもしれなけど、今度は自分のためだけに生きたい。

そして、小さな家族を幸せにできたらいい。

 

人生が少しずつ上向いていくような気がします。

一歩一歩踏みしめながら、山を登っていく感覚です。

 

私はもしかしたら、こんな山登りを味わう為に生まれてきたのかな。

ゆっくりと世界を知るために生まれてきたのかな。

そんな感覚もあります。

 

他の人みたいにダイナミックな人生は望まないけど、のんびりと生きていきたい。

それが私の生まれてきた目標なのかもしれない。

 

人とは違う山かもしれませんが、自分を見つめなおすという山をゆっくりと登っていけたらいいなと思っています。

自分の一生をかける目標はそれなのかなと思います。

 

☆おすすめ商品☆

(ランキングに参加してます)


統合失調症ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA