離婚したり子どもと離れなくても、今の生活で満足できる

こんにちは、はなです。

統合失調症でおそらく発達障害の主婦ですが、つつがなく(?)日々をおくっております。

 

私は10年前に結婚して、その2年後に子どもを産みました。

これまでブログには、夫婦仲が悪いことの葛藤とか、育児があまりにも大変すぎて投げ出したくなった様子を書いています。

暴言

2017.09.15

夫と離婚した方がいいのか迷う

2017.08.11

子どもの奇声が止まらない

2017.03.25

子どもに怒鳴ってしまいました

2017.03.09

発達障害児の育児が辛い

2016.08.26

発達障害の子どもを褒めてあげられない

2016.07.25

夫との仲が最悪

2016.04.09

夫と取っ組み合いのケンカをしました

2016.01.27

でも離婚育児放棄までには至らず、なんとか自分をごまかしながら生活を続けてきました。

これまでよくやってきたと自分では思いますが、なぜ私がこんなに家事や育児が辛いのかを考えてみると、自分と他人を完全に区別できない性格で、自然と相手の心情を背負ってしまうからだと思うんです。

一人で息抜きしたくても子どもが可愛そうと思ったり、家事や育児を自分一人でしなくてはいけないと思ったり。

なぜか私だけ幸せになっちゃいけないと思ってしまうんですね。

誰もそんなこと頼んでいないのにです。

そんな私が、昨日少しだけ相手と「心の区切り」をつけることができました。

人に左右されず、自分の考えを尊重していいと思えたんです。

今回はその話を書こうと思います。

 

スポンサードリンク

夫に「遅れてきたから朝ごはんないよ」と言えた

私は朝7時に起きて家族の朝食を作ります。

家の二階に寝室があり、時間になると子どもと二人でキッチンのある一階に降りてきます。

いつも作るのは、白ごはん、ウインナーやチキンナゲットなどの肉のおかず、ミニトマトなどの野菜、お茶(?)です。

私が朝食作っている間、子どもは携帯ゲームをして待っています。

10分ぐらいで朝食ができるので、子どもに早く食べるように言いますが、夫はというと私が朝食を作っている間、ずっと二階のベッドにいるんですね。

私だけ苦手なキッチンに立たせて、自分はベッドでごろごろしている……。

私はそれが不満でした。

仕事で疲れているだろうし、今まではそれでも仕方ないと思っていました。

でも昨日はふと「それならごはんができても、呼ばなくていいかな」と思ったんですね。

「時間が迫っているのは分かっているはずだから自分で降りてくるだろうし、そこまで私が面倒みる必要はないだろう」と思えたんです。

そう思ったのには理由がありまして、夫は態度が冷たく私を無視するくせに、私がいつも自動的にごはんを作るのが当たり前になっているので、「家政婦みたいな扱い」を受けているような気がして嫌だったんですね。

夫もたまにはごはんを作るんですが、日曜の夜だけだったりするので少なすぎます。

育児にしてもそうで、毎日夫の帰りが遅いので、私が子どもの宿題・夕飯・お風呂の世話をしてあげるのが日課になっているし、休日だって夫は自分の趣味を優先して子どもを家においていくことが多いです。

これまではそんな夫の態度にもんもんとしていながらも、「家事や育児は私の義務かな」と思っていたのでこなしていました。

でも昨日はなぜか自分の不満を認めることができたみたいで、「ごはんができても呼ばない」ことで小さな復讐を果たすことができました。

今朝にいたっては夫が降りてくるのが遅かったので、子どもと私でごはんを食べてしまいました。

夫に「遅れてきたから朝ごはんないよ」と言えたとき、なんかスッキリしました。

定型発達の人って、現状の生活を維持しながらうまくストレスを発散しているので、私もそれに近いことができたんじゃないかと思います。(意味が違うかな?)

 

子どもを朝、車で送っていかなかった

昨日は子どもにも自己主張できました。

子どもは毎朝一緒に登校する友達がいるのですが、徒歩10分の距離が疲れるらしく、その子と行くのではなくて私に車で送っていってと言います。

とはいっても、いつもは友達が来る時間に間に合わせて行く準備をすませるのですが、昨日は朝起きるのが遅かったので時間に間に合いませんでした。

実はその前の日も間に合わなくて、「くるまでおくって」というので、私が車で送っていきました。

このパターンはよくあることだったので、ずるずると癖になりそうだと思い、昨日は「間に合わなかったのはあんたが支度するの遅いのが悪いんだから、一人で歩いていきなさい!」と子どもの要求をはねのけることができたんですね。

子どもの縋りつくような視線に心が揺れながらも、このまま引きずられると、また育児が嫌いになってしまうと思って、一線を引くことができました。

相手に頼られるとつい手を伸べたくなりますが、そうやって自分がしたくないことばかりをしていると、今の生活自体が嫌になってきます。

苦しくなって子どもと離れたいと思わないためにも、子どもができることは一人でさせるようにしないといけないと思いました。

駆け引きみたいなことは嫌いですが、子どものためにも自分のためにも必要なことかなと思います。

スポンサードリンク

まとめ

昨日は一番身近な存在である夫や子どもへ意識して自己主張した、初めての日となりました。

今までは自分の思いを通そうと思っても罪悪感を感じてばかりいました。

私は無意識のうちに、人付き合いでは自分を犠牲にしなければならないと思って苦しくなるんですが、それを少しずつ変えていけたらと思います。

人を優先することが苦しいこと自体、未熟な証拠かもしれませんが……。

相手と自分のちょうどいい距離を見つけていきたいです。

 

↓1日1回クリックが嬉しいです♡↓


統合失調症ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA