生きてもいいよ、と思えるまで

ずっと生きるのが辛くて、

 

水でおぼれている感じで

 

他の人はゆうゆうと浮いているのに

 

自分だけ、アップアップして

 

口が出るか出ないかのところでもがいてた。

 

 

自己肯定感がある人は、

 

それを浮き輪に例えて、

 

楽に生きれる人生になるという。

 

 

優雅に浮いた人生…。

 

 

日本人は欧米より、

 

自己肯定感が低い人が多いらしい。

 

 

欧米人は日本人の5倍、

 

自己肯定感が高いそうだ。

 

 

自殺者も日本は年間3万人で、

 

発展途上国の戦争でも

 

そんなに死なないという。


その理由は、私が考えるには、

 

嫌なことを見てみないふりをする

 

癖があるからだと思う。

 

 

なあなあにする癖というか、

 

そんなこと追求してもしょーがないから、

 

忘れようとするところ。

 

 

嫌な感情も、自分の一部。

 

 

それを追求しないまでも、

 

横に押しやるやり方は、

 

きちんと向き合っていない感じがして

 

かわいそうだ。

 

 

子どもの教育で、

 

発達障害の特徴をなくさせるべきか

(奇声や立ち歩き)

 

それとも特に矯正しようとせず放っておくか、

 

迷う時がある。

 

 

学校はもちろん矯正させる立場。

 

 

親の私は、最近は

 

そのままでもいいかなと思うようになった。

 

 

確かにいじめとか心配だけど、

 

多数だからといって、

 

それが正しいという考え方は腹ただしい。

 

 

自分のアイデンティティーを

 

全く疑わなくていい人間が、

 

少数派を当たり前のように迫害

 

(学校教育も含める。

当たり前すぎて気が付きにくい。

私の夫や母も当然その部類)

 

する行為は、

 

少数派からすると

 

迷惑以外の何物でもない。

 

 

発達障害は、障害ではない。

 

 

手や足がない、

 

または病気で出来ないことがある人とは違って

 

他の人よりもできることがある。

 
それは分かりやすいものから、

 

針に糸を通すような

 

微かで見えにくいこともあるかもしれないけど、

 

何かあるのだ。

 

 

また、ダウン症の人たちは、

 

幸せだと感じている人が9割だという。

 

 

他の人はそんなに自分の人生を

 

幸せに感じられない。

 

 

私は子どもの「変な」特徴を認めていきたい。

 

 

また、他の人も受け入れていきたい。

 

 

どちらも尊重したいと思う。

 

☆おすすめ商品☆

(ランキングに参加してます)


統合失調症ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村



5 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは
    興味深いお話でした
    私の息子も自閉症です
    もちろんI.Qも低いし、勉強もできません
    それで不登校になったけど
    息子は息子の選んだ道を歩んでいるだけだと思うんです
    がんばったけどダメだった
    それだけのこと
    認めてあげることが大事だと思います

  • SECRET: 0
    PASS:
    いつもブログを読んでくださりありがとうございます。
    いいねをありがとうございます。
    辛いですよね。
    苦しいですよね。
    悲しいですよね。
    胸がしめつけられますよね。
    私は五体満足で生まれ、健常者ではありますが、姉の事では、随分辛い想いをしてきました。
    姉への障害に対する偏見と無理解からの視線、対応、言葉の数々から…
    先日、母からの電話では…姉がこんなに一生懸命頑張っているのに…と留守電にメッセージが残されていました。
    私は母に褒めてもらいたい訳でも、認めてもらいたい訳でもありません。
    五体満足で健常者であっても、何かと大変な日々なんです。
    そんな中、必死にここまで生きてきました。
    一生懸命なのは姉ばかりではない、私も一生懸命。
    そんな日々の中、今まで出来る時に母に対しても、姉に対してもいろんな事をやってきました。
    すっかり忘れられているのでしょうね?
    出来ていない、やっていない、やれていない事に焦点をあてられ、感情的に言われてしまいました。
    母にメールをした後、謝罪の言葉が留守電に残されてはいましたが、心からの謝罪ではない事が声からわかったのです。
    母にしてみれば、障害がある姉が弱者であって、健常者の私はそれだけでも、充分幸せなのだろうと思っていると思います。
    苦悩も困難も悲しみもなく…
    そんな事は決してないのに…
    自己肯定感が低いのは、健常者に対しての風当たりの強さが背景にあるのではないかと私は思っています。
    健常者への要求、あたりが強すぎて、評価のハードルがとても高く、疲弊していて…
    弱者と言われている方々との溝が深いものになっているのではないかと…。
    お母様もご主人も、きっと何か社会においての辛くて苦しい想いを、抱えていらっしゃるかもしれませんね。
    長くなりましてすみませんでした。

  • SECRET: 0
    PASS:
    長くなりましたので改めました。
    今は学校だけが学びの場だとは限らないと思います。
    学校に行く事だけが全てじゃない。
    学校だけが教育の場とは限らない。
    今はいろんな学びの場や、いろんな居場所があるはずです。
    お子さんに合った場を探してみてはいかがですか?
    きっときっとあるはずです。
    お子さんにもはなさんにも、笑顔が増える場が、どうか見つかります様に…
    遠くから祈る事しか出来ませんが、お許しください。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >むむむうさん
    コメントありがとうございます。
    そうなんですよね、学校だけが全てではないですよね。
    (他の方のコメントにもありますが)
    以前の記事でもご紹介したんですが、私は最近発達障害の人の自叙伝みたいなのをいくつか読んでまして、一番最近読んだのが「ぼくが発達障害だからできたこと」というタイトルの、市川拓司さんという方の本です。
    「いま、会いにいきます」とか「そのときは彼によろしく」などの映画の原作者です。
    この方は、本当に個性的で、学校でも「バカ」と言われていじめにあったみたいですが、それでも自分を曲げないで生きてきたので、幸運の女神さまに微笑まれたと書いています。
    こんな精神力はなかなかありませんが、参考になるなぁと思って読んでいました。
    またむ、むむむうさんも宜しければ読んでみて下さい!

  • SECRET: 0
    PASS:
    >KIXZさん
    コメントありがとうございます。
    以前記事を読ませていただいた時に、KIXZさんは本当に一生懸命お世話をされていたんだなぁと思い、感銘を受けたことを思い出しました。
    お母様がマイナスな事ばかりを覚えておられるのも、私もそういう傾向があるので、耳が痛いです(;^_^A
    健常者の方の負担は、本当に大きいと思います。
    全くハンデなしですから・・・。
    障害者の人は、まだハンデをもらえるだけ、生きやすいかもしれません。
    私の母も夫も大変な思いをして生きてきたのかもしれませんね。
    表面には表さないところが、健常者の方のすごいところです。
    子どもは一応学校には行けています。
    でも今日、改めて「学校どう?」と聞いてみようと思います。
    何かを耐えて学校に行っているのかもしれませんし・・・。
    親はそういう面でも、敏感になってあげないといけませんね。
    たくさん書いていただき、ありがとうございました。
    励みになりました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA