インヴェガをのんでみた結果

インヴェガとは・・・

  • 2011年に発売された、比較的新しい抗精神病薬
  • リスパダールを改良して作られた
  • リスパダールの効果のある成分のみを取り出し、効きがゆっくりと穏やかになった

以上のような特徴をもっています。

 

インヴェガは私にとって、初めて処方された抗精神病薬です。

最初は3mgが2週間で、3週目からは3mg×2が11週間でした。

のんでみると、次のような作用がありました。

 

※ちなみに私の統合失調症の症状は以下の通りです。

  • 陽性症状①……被害妄想(人の視線が悪意に思える・車がぶつかって来るような気がする・音が攻撃してくるような気がする)
  • 陽性症状②……関係妄想(テレビで言っていることが、自分のことを指しているように思える・笑い声が自分に向けられているような気がする・ゴミ、虫などのマイナスの言葉が、自分を指しているように思える)
  • 陽性症状③……思考伝播(自分の考えが相手に伝わっていると感じる)
  • 陰性症状………感情鈍麻(昔好きだったことに興味をもてない)
  • 認知機能障害記憶力の低下(数秒前の考えを忘れる・仕事の手順が覚えられない)
  • その他…………疲労感・不眠(悪夢)・抑うつ・イライラ

現在はジプレキサ1.2mgを継続しており、ほぼ寛解しています。

 

スポンサードリンク

朝の目覚めがよくなった

初めてのんで2時間ほどたつと、少し頭がぼっとして薬が効いた感じです。

次の日から朝の目覚めがよくなり、すぐにベッドから出られるようになりました。

のんで1週間ほどは調子も良く、仕事で不安が出てもぐっとこらえることができるようになりましたが・・・。

 

しかし統合失調症の症状は悪化した

私の統合失調症の症状は、走っている車がぶつかってくるような感じ、自分の考えが周囲(特に会社)にもれているような感じ、不眠です。

インヴェガをのんで最初は気分が良くなりましたが、その症状は改善しませんでした。

むしろ薬をのむことで、頭がぼっとして仕事についていけなくなり、それによってストレスも強くなりました。

結果、周囲に考えがもれている感じがひどくなり、人が自分の悪口を言っているように感じることも多くなります。

被害妄想が悪化したんですね。

副作用によって症状が追加されてしまいました。

 

体重が増えた

食欲が増加し、体重が5Kg以上増えました。

身体のむくみもでてきたような気がします。

(ゴム入りのそでの跡がつきやすくなった)

抗精神病薬の第二世代の薬は、太りやすいものが多いですが、インヴェガはそれほどでもないはずです。

しかし私にとっては、一番体重が増えた薬となりました。

スポンサードリンク

アカシジアがひどい

インヴェガを6mgにしてしばらくすると、手が震えて文字が書けなくなりました。

ソワソワしてずっと座っていられなくなり、仕事中でもよくトイレに行って、立ったり座ったりを繰り返さないと気が済みません。

その他にも頭がぼっとすることによって、記憶力や理解力が低下し、とても仕事を続けられる状態ではなくなりました。

そして結局休職することに・・・。

家では身体がムズムズするので夜も寝れなくなります。

家の中を徘徊するもそれでは収まらず、夜中に車で外出し、実家に帰って相談したこともありました。

 

不安感がひどい

同時期から、なぜか原因も分からないのに不安感が出るようになりました。

特に朝方がひどく、目が覚めると自分を責めるような罪悪感を感じます。

夕方には少しましになりますが、また次の朝がくると不安が復活。

気分転換にと母が旅行に連れ出してくれたのですが、夜になると寂しくなって母とくっついて寝たくなりました。

未来を悪く考えることが多くなり、ついには悪夢を見るようになりました。

 

胃痛・下痢が1年半つづく

インヴェガを6mgにしてから、ものすごい胃痛と下痢に悩まされます。

ストレスをちょっとでも感じると、すぐに症状がでます。

ストレスを感じていないときも、それはありました。

不安を感じて胃痛になり、下痢になる。

そのループが繰り返されました。

医師に相談しましたが薬の量は減らず、そのまま我慢してのみ続けました。

ついに限界を感じて、自己判断で薬を止めたのですが、完全に断薬しても胃痛や下痢は1年半収まりません。

これはとても大変な症状でした。

今は完全に症状はありませんが、薬をのむ前にあった「ママさんポリープ(別名・幸せポリープ。ピロリ菌のない健康な胃にできる)」という胃にできる良性のポリープが全滅してしまい、それは薬の過剰摂取のためでないかと勝手に疑っています。

スポンサードリンク

感想

初めての抗精神病薬・インヴェガをのんで、精神薬は本当に恐ろしいとしみじみ感じた経験になりました。

良かったのは、のみ始めの1週間だけ。

それ以降は副作用が目立つ結果となり、断薬しても症状が改善しなかったので、抗精神病薬をのんだことを激しく後悔することになります。

インヴェガ自体が悪いのではなく、私にとって処方量が多すぎたのでしょう。

医師は辛い症状を我慢していれば、そのうち身体が薬に慣れてきて大丈夫になると言いましたが、私には強すぎて続けるのは無理でした。

断薬した後も内科にいくつも通い、漢方薬や胃薬、下痢を抑える薬をのむ始末です。

しかし自己判断で早く止めてよかったと思います。

断薬しても副作用が続くので、無理な服薬は身体を痛めることになるでしょう。

実はこっそり他の精神科を受診したのですが、抗精神病薬をのんでいることを伏せて統合失調症の症状を話すと、最小限の薬(リスパダール0.5mg)を処方してもらえました。

もし最初からそうしていたら、ひどい副作用を感じなくて済んだのではないかと悔やみます。

どんな薬も最初はごく少量で様子を見るべきですね。

関連記事:


 

↓押すとブログの順位がわかります↓


統合失調症ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA