カブトムシを見てると癒される

ツテで知り合いからカブトムシをもらいました。

息子も育てたいと言ったので、世話もあまり大変じゃないし、いいかな~と思い。。

私は小さい頃カブトムシやクワガタムシを飼っていたので、久しぶりな感じがしてワクワクしながら到着を待ちました。

カブトムシ(以下、カブ)は、つがいで来ました。

オスとメスの1匹ずつです。

でもあまり元気ない・・・。

夜行性とはいえ、昔飼ったカブ達は昼間でももっと活動的だったけど。

大きさも小さめだし、こんなもんなのかな?

そう自分に言い聞かせながら、カブ達を観察していました。

けっこう頻繁に土にもぐったり出たりを繰り返すんですね、カブって。

餌の昆虫ゼリーに顔を突っ込んだままよく寝ているので、死んだのではないかと不安になってつついたこともあります。

初日から3度もゼリーをひっくり返して、土を汚したり・・・。

でもほとんど手間はかからないし、たまにケージの中を見て様子を楽しむのはいい生き抜きになります。

植物を育てる人の気持ちが分かりました。

以前は動かないものを育てて何が楽しいんだと思っていましたが、カブ達を見ているうちに、小さなものを愛でる楽しさが分かりました。

人間の子どもだと、エネルギーが有り余っていて、私には手に負えない感があるんですけどね・・・。(すみません)

家にきた初日から交尾をしていたので、もうすぐ卵を産んで死んでしまうのかもしれませんが、のんびりカブ達との日々を楽しんでいけたらと思います。

 

↓押すとブログの順位がわかります↓


統合失調症ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA