発達障害者が親になると、子どもと会話ができない

みなさん子どもとの会話はどうされてますか?

 

保育園や小学校でその日にあったこと、聞いてますか?

 

私は子どもが保育園に入ったばかりの頃、

あまりそういうことは聞いてませんでした。

 

私の母からは「子どもに興味ないの?」と言われ、

責められましたが……。

 

子どもを産んだだけでいっぱいいっぱいで、

他のことには気が回らなかったのかもしれません。

 

更に視野がシャットダウンされるというか……。

 

家事や子どもの世話をしなきゃいけない、とばかり思って、

心に余裕はありませんでした。

 

ゆったり子どもと過ごす、という楽しみがなく、

何かを共有したいとも思いませんでした。

 

他のママも目の前のことで精一杯だと思いますが、

私も全力で駆け抜けている感じで、

息継ぎする余裕もありませんでした。

 

フルタイムで仕事をしていたので、

休日は誰かの面倒をみる体力&心の余裕がなく、

夫の実家に泊りで預かってもらうこともありました。

 

七五三にもイライラして出れないこともありました。

(後で写真だけ見ました……)

 

夫はお風呂に入って子どもと話をしますが、

私は子どもと入ってもずっと無言のまま……。

 

とにかく子ども(自分以外の人)とずっと一緒にいることが大変で、

その対象に興味を持つとか、

自分から関わっていきたいとは思いませんでした。

スポンサードリンク

今は昔よりも子どもに興味が沸いてきています。

 

自然に「今寒い?」とか「○時に病院いくからね」とか、

子どもの体調を気遣ったり、

その後の段取りを説明することができるようになりました。

 

それは子どもを妊娠した時から、

なぜか「本当の自分を出さなくては、自分は親としての見本を示すことができない」と思いついて、

そうなるように実践してきたからだと思います。

 

自分を否定して、隠して、他人に合わせて、

本当の感情を表現しないのはもう止めなければならないと思いました。

 

卑屈になっていた自分を否定し、本当の感情を表現しようとして、

会社の上司に食って掛かったこともあります。

 

とにかく「本当の自分を出す=今まで隠してきた感情を出す=自分のマイナス感情を表現する」

という変な方程式が自分の中で出来上がり、

それをしなくては本当の自分じゃない!という気持ちになりました。

 

そうしていくと、なぜか今まで感じていてもスルーしていた感情、

特にマイナスの感情、恨み、つらみ、妬みのようなものが昇華されていきます。

 

またプラスの感情である人を思いやる気持ち、

目標をもって頑張る気持ち、

社会に貢献したいという気持ちが沸いてきて、

まるで定型の人がいつもドラマや日常生活で話しているような感情を

味わうことができるようになりました。

 

マイナスの感情も昇華されていき、

人生を前向きに考えることができるようになっています。

 

発達障害の特徴は多々ありますが、

そのままの部分と変わっていった部分、

両方大切にして自分の本当の性格としたいと思っています。

 

↓押すとブログの順位がわかります↓


統合失調症ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA