心のブレーキを大切にする。負の感情も大切

「あれをしたくない、これをしたくない」

「動きたくない、疲れる」

 

そんな気持ちを大切にしようと思いました。

 

今まで親の言うことや世間の流行、友達に合わせることとかに一生懸命だったから…^_^;

 

手を広げた時、中指と薬指の間隔が、他の指の間隔より狭い場合、非常に体が疲れているのだそうです。

 

私も近づいてました…特に左手が ´д` ;

 

左手は手相でも先天的な部分を表すというけれど……。

 

今まで一生懸命に頑張ってきた分、これからは自然体でいよう。

 

それにはしたいことをして、人に非難されるかもしれないという恐れと戦いながら、それでも自分の意志に従って実行しなければならないけど。

 

でも、それをしても、ほぼ非難されないし、周囲も気付かない。

 

そんなに周囲は私に興味ない。

 

それをしても周囲の環境は壊れない。

 

そんなに脆くない、この世界は……。

 

自分の中の負の感情を大切にしよう。

 

そしてそれを表現しよう。

 

負の感情が大きくなりすぎて、自分を壊す前に。

 

正も負も私の大切な一部なのだから。

 

負の部分を認めてこそ、本当の私が完成するんだから。

こちらの記事もどうですか?