今日は精神科の通院日

こんばんは、はなです。

 

今日は2週間に1回の精神科の通院日でした。

 

朝8時から出かけて、家から病院が離れているので長距離トライブ。

 

待ち時間は予約しても30分はあるんですが、今日は早いほうでした。

 

すでにたくさん待っている患者さんがいたから、心配だったんですけどね。

 

今回は母も付き添ったので、早く診察を終えたかった日でした。

(午後から母がパートに出るため)

 

母が付き添いの日は、医師も私の状態を母に確認するため、診察時間が長くなります。

 

今日も診察は30分を超えましたが、私も日ごろの気になっている症状などについて詳しく話せたので、満足でした。

 

医師が確認すること

診察が始まると、医師に毎回「最近どうですか?」と聞かれます。

 

まず、医師が確認するのは、私がきちんと服薬しているかですね。

 

いつも勝手に薬を止めたり、減らしたりするので。

 

まぁ、勝手に量を増やすこともあるんですけどね。

 

気になる症状があれば、薬を増やしてしまいます。

 

私はいつも正直に答えるようにしていますが、勝手に量を変える申し訳なさもあり、それを報告するのを躊躇してしまいます。

 

今回も自分の判断で量を増やしたり減らしたりしたんですが、「薬をだいたいきちんとのみました」と言ってしまいました。

 

母があとで、「のまない日もあります」と暴露してしまったんですが。

 

医師にたしなめられましたが、勝手に薬の量を変えてしまう癖は治らないようです。

 

私の現在の精神症状①:音楽性幻聴

この2週間はジプレキサを0.8㎎処方されていました。

 

でも、

  • 1.4㎎~1.6㎎に増量した日が3日あった
  • のまない日が連続で3日あった

が実情でした。

 

前回の通院で0.8㎎処方されて、しばらくはその量をのんでいたんですが、音楽性幻聴が気になり薬を勝手に2倍ぐらい増量したんです。

 

私の音楽性幻聴とは、私の場合、聞いたことのあるCMの音楽やゲーム音楽がぐるぐると頭の中でリピートされる感じのものです。

 

学生時代にもたまにあったりして、友達にもそういう子がいて「また音楽なってるね~」とお互い言っていたので私はこれが病気には思えないのですが。

 

医師がそういうなら幻聴なんですかね。

 

今年の4月初めくらいから音楽性幻聴が気になっていましたが、特に不自由はなく、医師に報告するだけにしていたのですが、薬で早く治るんなら治した方がいいのかなと思って薬を増量した次第です。

 

結果は朝起きがけの音楽性幻聴はなくなりました。

 

やっぱり薬って効くんですね。

 

でも薬が効くということは、やっぱり病気なのかな?

 

がーん。

 

納得するしかないですかね。

 

ただ、日中の音楽性幻聴はなくなりませんでした。

 

少し減ったくらいかな?

 

でも、しばらくしてその音楽性幻聴がなくなったんです。

 

その理由は生理が始まったからでした。

 

生理が始まると、体調が回復したみたいです。

 

なんなんだろ、私の身体。

 

そんな理由で精神症状がなくなるなんて。

 

よくわからないですね。

 

でも結果オーライなので、よしとします。

 

私の現在の精神症状②:被害妄想

これも、昔からあるんですけどね~。

 

あの人が私のこと嫌っているみたい、とか、わざと意地悪しているみたい、というのは、よく感じていたことでした。

 

でも、病的だと思うのは、例えば「汚い」という単語が聞こえたら私のことを言っているみたい、と感じることですね。

 

テレビのセリフでそう聞こえたり、家族が言ったりする言葉で、負の要素が含まれている言葉に反応してしまいます。

 

それが自分のことを言っているのかと思ってしまうんですね。

 

これは昔はなかったことなので、病気になった時、医師に統合失調症の症状だと指摘されても納得しました。

 

人が誰かと電話している時に、負の単語が聞こえた時も、自分のことかと思ってしまいますね。

 

「ゴキブリ」「ゴリラ」「でかい」などの言葉に反応してしまいます。

(太っているから?)

 

実際人にどう思われているか分かりませんが、自分に対するイメージが悪いんでしょうね。

 

自分に対する自信のなさが、脳が負の言葉と勝手に関連付ける要因なんだと思います。

 

一方、疲れやすさはなくなった

これは多分、ジプレキサをのんだからだと思うんですが。

 

疲れやすさというのは少なくなったと思います。

 

私は基本的に1日を機嫌よくいることができないんですね。

 

朝起きた時から、だるい。

 

スーパーなど、ちょっと外に出たら、人がたくさんいるなどの刺激で疲れやすい。

 

夕方ごろになると、活動している時間が長くなるので疲れやすい。

 

とにかくすぐに疲れるんです。

 

これは、病気の発症前からですね。

 

社会人になったくらいからでしょうか。

 

休日は寝て過ごしたり、外出してもすぐイライラして、彼(今の夫)に八つ当たりしていました。

 

出産してから(本格的に病気になってから)は、育児がものすごく辛くて、身体にも精神にも負担がかかり、もっと疲れやすくなりましたね。

 

でも、それが疲れからきているのか、自分が性格悪くてイライラしやすいからなのか、当時は理由は分かりませんでした。

 

今思うと、単に身体が弱かっただけですね。

 

今日も通院する時、太陽に向かって車が走っていたんですが、その光をまともに浴びるとすぐに頭が痛くなりました。

 

目も光の刺激に弱いので、ダイレクトに頭痛になるみたいです。

 

皮膚も弱く、お風呂に入ったら温熱じんましんもできるし、吹き出物も出やすいし、かゆみも出やすいし、やっかいな身体に生まれたと思っています。

 

これが私が発達障害だと思っている理由でもあるんですが。

 

あらゆる刺激に敏感なので、つくづくこの世界で生きていくのは大変だなと思ってしまいます。

 

話はそれましたが、ジプレキサをのんでいると、夕方になって身体が動かないということはなくなりました。

 

日中寝てばかりいるからもあるんですけどね。

 

子どもが学校から帰ってくる頃に疲れがピークに達していて、八つ当たりしなくなっただけでもよかったと思います。

 

ジプレキサをのむとウキウキする

これは以前ジプレキサを1.2㎎のんでいた時も感じていたんですが。

 

ジプレキサって適量のむと、気分がハイになるんですよね。

 

少なすぎても多すぎても駄目なんですが。

 

少なすぎると効かないし、多すぎると身体が重くなって動けなくなります。

 

でも、ちょうどいい量をのむと、気分が良くなるんですよね。

 

前回処方された量は0.8㎎でしたが、その量ではウキウキしませんでした。

 

2週間の間に、勝手に量を増やした3日間(1.4~1.6㎎)の時にウキウキしましたね。

 

ということは、適量は1.5㎎ぐらいなのか?

 

でも、昔3㎎飲んだ時、頭が重くなる副作用が出たので、量を増やすのは慎重になってしまいます。

 

量を増やしたばかりの時はいいんですけどね。

 

3週間ぐらいしたらだんだんと重い副作用が出てくるんですよね。

 

本当に精神科の薬は気が抜けません。

 

私は毎日体調を記した日記をつけていますが、そうやって管理しないと自分が分からなくなってしまいますね。

 

まとめ

結局、今回の診察ではジプレキサ0.8㎎から増えて、1.0㎎処方されました。

 

医師はもっと多くのんでほしいと言っているんですが、昔味わった副作用が本当に辛かったので、なかなか増量できません。

 

勝手に自分で増量するときもあるんですけどね。

 

結局怖くなって、すぐにやめてしまいます。

 

毎日淡々と同じ量をのめればいいんですけどね。

 

そういうことができないから精神病なんですかね。

 

次回の診察はまた2週間後です。

 

淡々と毎日1.0㎎のめたらいいと思います。

 

本当はもっとのんで、ハイな気分になりたいんですけどね。

 

私が希望しなくても、きっと薬は増えていくでしょうから、焦らずに様子をみたいと思います。

 

病気になってから記憶力も悪くなったので、これ以上悪くならないためにも増量した方がいいんでしょうけどね。

 

ゆっくりと体調を見ながら判断していきたいと思います。

 

では、また。

ポチっと応援おねがいします♪

こちらの記事もどうですか?