【激安】圧力IH炊飯器は象印の型落ちで買う【おすすめ】

こんにちは、はなかです。

ここ1年ほど、壊れた炊飯器で炊飯していました…。

壊れたといっても全く使えないわけでなく、家族がゴシゴシ洗ったので釜のコーティングがはがれたんですよね。

こんな感じ↓

炊飯機能は無事なので、そのまま使い続けていたのでした。

でも夫が「コーティングがはがれたままだったら身体に悪そう!」というので、しぶしぶ家電量販店に炊飯器を買いに行くことに。

(調べたら、別にコーティングがはがれても身体に害はないらしいんですけどね)

有名メーカー「象印」の新しい炊飯器を買って米を炊いてみると、やっぱり象印の炊飯器の方が美味しい!

久しぶりに感動したので、今日は象印の炊飯器について書いてみよう思います。

 

私の家の炊飯器をご紹介

私が以前使っていたのは、マイコン炊飯器というものです。

昔からあるもので、価格も安め。

年季が入ってますね。

昔、一人暮らししたとき(16年前)に買いました。

一人暮らしをやめてからしまっていたのですが、結婚してからまた使いだしたので、10年以上は働いてくれたことになります。

 

そして新しく買ったのが象印の圧力IH炊飯器

家電量販店で、型落ちで売っていたので買いました。

炊飯器はマイコン炊飯器→IH炊飯器→圧力IH炊飯器という順で高価になります。

まぁ、見た目はどれも違いはないんですけどね。

機能の数もあまり違いはない。

ただ炊きあがりは、圧力IH炊飯器の方が甘くて弾力があり美味しいです。

他の圧力IH炊飯器が3万円以上するなか、この象印の型落ち圧力IH炊飯器は21,384円で、激安で買うことができました!

 

マイコン炊飯器と圧力IH炊飯器の比較

マイコン炊飯器はいまも健在なので、2種類の炊飯器を比較してみますね。

  • マイコン炊飯器、圧力IH炊飯器とも容量は5.5合(3~5人暮らし用)です
  • 「価格」はAmazonで調べました(2018年8月現在)
  • マイコン炊飯器の「炊きあがり」や「使ってみた感想」は、私が使っていた2002年製のもので書いてます

 

マイコン炊飯器 圧力IH炊飯器
価格 6,000円~13,000円 13,000円~60,000円以上もあり
加熱方法 炊飯器の底部にあるヒーターで加熱 炊飯器の底部だけでなく、側面や内蓋からも加熱し、圧力釜のように密閉しながら100度以上の高温で炊き上げる
炊きあがり 柔らかさのある炊きあがり 甘みや弾力のある炊きあがり
使ってみた感想 米を浸す時間が必要(30分) 米を浸す時間が不要
炊きあがりの時間が短め(42分) 炊きあがりの時間が長め(59分)
釜に持ち手があるため、重くて洗いにくい 釜に持ち手がないので、軽くて洗いやすい
蓋が空きやすい 圧力炊飯だから?蓋が空きにくい
24時間以上保温するとお米が黄色くなる 30時間おいしく保温できる(おすすめ!)

 

 

象印の圧力IH炊飯ジャーを使ってみた!

実際に象印の圧力IHジャーでお米を炊いてみました。

炊き方は以前のマイコン炊飯器と変わりませんでした。

 

1.まずはお米を洗って浸します

 

2.炊き上がりを朝7時に設定して、炊飯ボタンをポチッ

 

3.朝7時に炊きあがり♪

 

4.しゃもじで4つに切り分けて

 

5.まぜて

 

6.お椀によそいます

 

簡単に甘くて弾力のあるごはんが出来上がり!

 

象印の圧力IHジャーのお米を食べた家族の反応

私と違って、息子や夫は味にうるさいです。

息子はお腹が減ったとき、「ママが作ったまずいご飯が食べたい」と言って食事の時間を待ちます(怒)

そんな息子も象印の圧力IHジャーで炊いたお米を食べたとき、4杯もおかわりしました(笑)!

夫は寡黙でしたが、ずっと新しい炊飯器を買ってほしかったみたいで、満足そうにごはんを食べていました(喜)

 

味おんちの私も、象印の圧力IH炊飯ジャーで炊いたお米に甘さと弾力を感じました♪

かみしめると口のなかに甘さが広がり、「あぁ、これがよくCMで言っている『お米の甘み』なのかぁ」と実感したものです。

 

ただ私はもともと硬めが好きですが、象印の圧力IH炊飯ジャーで炊いたお米は「やわらかめ」設定でも固く感じます。

圧力IH炊飯器はマイコン炊飯器よりも硬めに炊き上がるのかな?

 

また炊き込みご飯も炊いてみました!

ちなみに炊き込みご飯の素はこちらを使いました↓

そして炊き上がりがこちら↓

これはびっくり、白米よりもさらに甘かった!

やっぱり象印の圧力IH炊飯ジャーのおかげかな。

しかも白米の炊き上がりよりやわらかい!

炊き込みご飯も子どもは4杯おかわりしました。

 

オススメ機能:30時間おいしく保温できる「うるつや保温」

私が象印の炊飯ジャーを買って一番嬉しかったのは、「長時間保温してもお米が黄色くならないこと」です!

以前のマイコン炊飯器では24時間保温するとうっすらとお米が黄色くなっていました。

象印の炊飯ジャーはなんと30時間保温しても大丈夫らしいです。

実際に30時間も保温したことはありませんが、24時間保温したお米をマイコン炊飯器と比べると、確かにお米の白さ、プルっとした弾力は健在でした。

つい余ったお米を冷凍しわすれる私にとっては、この「うるつや保温」機能は重宝してます!

 

私が買った炊飯器は、象印 圧力IHジャー極め炊き 5.5合 ダークブラウン

型落ちで買った象印の炊飯ジャーですが、白米も炊き込みご飯も美味しく炊けるし、長時間の保温もできました。

他にも機能が充実しているのでご紹介します。

  • 2008年度省エネ基準達成率110%(年間電気代2065.5円)
  • 好みの食感に炊き分ける3通りの炊き分け圧力
  • おいしさ引き出す「うまみ圧力蒸らし」
  • 熟成炊き(白米・玄米)
  • エコ炊飯・無洗米・すしめし・炊き込みなどの炊飯メニューが14種類

などたくさんあります。

そんな機能充実、象印圧力IH炊飯ジャーの購入はこちら↓

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥19,680 (2018/09/23 13:47:52時点 Amazon調べ-詳細)

私は家電量販店で買いましたが、Amazonの方が2,500円以上もお買い得。

購入するならネット販売をおすすめします。

 

ちなみにAmazonでベストセラーの圧力IH炊飯器がこちら↓

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥13,800 (2018/09/23 10:46:25時点 Amazon調べ-詳細)

アイリスオーヤマは炊飯器の販売では後発組ですが、もともと有名メーカーなので信頼があります。

象印よりも5,000円以上お買い得なのが嬉しいですよね。

 

【激安】圧力IH炊飯器は象印の型落ちで買う【おすすめ】まとめ

私は親から毎回コシヒカリをもらっており、同じお米なのに以前と比べて断然おいしさを感じるようになりました。

前につかっていた炊飯器が壊れたのは悲しいですが、新しいお米の味に出会えるきっかけになってよかったです。

ポチっと応援おねがいします♪

こちらの記事もどうですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA