自己否定が減ってきた(でも怒りっぽくなったかも)

こんにちは、はなです。

統合失調症でおそらく発達障害の主婦ですが、つつがなく日々をおくっております。

 

ここ1週間ぐらいで、私の心境に変化があらわれました。

自信がついてきたといいますか、自己否定が減ってきたような気がします。

今日はその変化を書いてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

1週間より以前の自分

私は統合失調症という理由もあって、他の人よりも臆病だと思うことがよくあります。

 

車の横入りが苦手

例えば私は車を運転しますが、車道で長い行列がついていると横入りできません。

後に続く人(車)がいるのに申し訳ない気持ちもありますし、自己主張して割り込むこと自体が後ろめたく感じます。

お互いの譲り合いが大切なので、自己主張というのは言いすぎですが……。

 

パーソナルスペースが広い

混んでいるショッピングモールを歩いたとき、とにかく私から人をよけてしまうんですね。

人とぶつかるのがとても嫌なんです。

しかも相手に「私がよけることで、相手を嫌っているサインだと思われやしないか」まで心配になる始末。

とにかく相手にどう思われるかが気になるんです。

自分も嫌な思いはしたくないけど、相手にもさせたくない。

そんな葛藤がいつもありました。

 

クレームを言いづらい

母と子どもと3人でラーメンを食べに行ったときのことです。

(ここからは少し汚い話題なので、ご注意ください)

注文したラーメンが運ばれて私の目の前に置かれたとき、偶然、飛んでいる虫がラーメンに入ったんですね。

虫はスープでおぼれてもがいていました。

すぐに私は店員さんに「あ!これ……」と言って、ラーメンを指さして虫がいることを伝えると、店員さんはその時はじめて気づいたようで「申し訳ありません!すぐに取り替えます」といってそのラーメンをさげました。

はじめからラーメンに虫が入っていたわけではなく、私の目の前で入ったので店員さんに落ち度があったわけではありません。

それなのに私が一方的にクレームをつけたみたいになって、罪悪感を感じました。

それを母に相談すると「虫が入っているラーメンを取り換えてもらうのは当然のことでしょ。なんでそんなことで悩むのよ」と呆れられました。

私としては、最初から虫が入っていたラーメンを出されたらクレームをつけてもいいけれど、テーブルに置かれたあとに虫が入ったのなら、自己責任じゃないかと思ったんです。

このような考えは変ですかね?

外に出て人と接すると、相手の気持ちばかり気になるんですよね。

相手と自分を天秤にかけたとき、「自分が悪い」「自分が間違っている」という考えにとらわれることが多いんです。

小さいころからそうだったので、ずっと人づき合いが苦手だったし、苦痛でした。

スポンサードリンク

最近の自分

それが最近は少し治ってきたような気がします。

 

悪い感情をもっても、自分を責めない

昨日のことなんですが、子どもにピアニカの宿題があって、一緒に練習しようと音楽の教科書を開きました。

でも、どの曲が宿題なのか本人は分かりません。

連絡帳にも書いてないし、「先生に聞いてみたの?」と言っても、「先生も知らなかった」と言います。

あら、なんてことだ、どうしよう……。

子どもは支援級に通っているんですが、支援級で学ぶのは国語と算数だけで、音楽や体育などの授業は普通級に交じって受けているんですね。

だから支援級の先生も、音楽がどの範囲まで進んでいるのか分からないみたいなんです。

でも宿題に出すからには把握してほしいですが……汗

夜の7時でしたが、しかたない、学校に電話して、普通級の先生に宿題の内容を直接聞いてみようと決めました。

電話は得意じゃないから嫌だったんですけど……。

満を持して学校の番号をダイヤルします。

しばらくコールした後、電話に出たのは男の先生でした。

私は子どものクラスと名前を言って、用件を言います。

私「今日の宿題のことで聞きたいんですけど、○○先生(普通級の先生)はいますか?」

男の先生「あ、○○先生は、もう帰宅したんですが…」

私「そうなんですか……では、△△先生(支援級の先生)はいますか?」

男の先生「△△先生も帰宅しました」

残念でした。先生達はみんな帰宅していました。

……これ以上話してもしょうがいないので、私が電話をきろうとすると、電話にでた男の先生が

「宿題はできる範囲でけっこうですよ、わかる範囲だけしてくださいね」

と言ったんですね。

え~、なんですって……。

私はこの時、「宿題ぐらいのことでいちいち電話してくるな」と言われたような気がしました。

私の勘違いですよね。

きっと、男の先生は「そんなに一生懸命宿題をしなくても大丈夫ですよ」と言ってくれてたんでしょうけど、緊張している私はそこまで相手の心をおもんばかる余裕はありませんでした。

「せっかく宿題をきちんとやろうと思って電話したのにやらなくていいなんて、この先生ってなんか感じ悪い」と思いましたね、すみません。

でも子どもは支援級だし、勉強についていけなくていじめにつながったらと思うと心配だったから、家でできることはできるだけしていきたかったんです。

それを否定するような男の先生の言い方にカチンときてしまったんですね。

でも実はこの「カチンとくる」ことができたのがすごいことなんですよね。

それまでは「遅い時間に電話をするなんて多大な迷惑をかけてしまって、嫌われてしまったかも、どうしよう……」と電話がきれたあとも、ずっと思い悩んでいましたから。

完全なる自己否定から一歩踏み出たわけです。

といっても、被害妄想を感じなくなるまではまだまだですが……。

なんだか怒りっぽくなりましたしね。

でもこうやってブログに書いていると、やっぱり私の未熟さがはなはだしいな~。

なんか反省です。。

次に書くことも、私が神経質だから気になったのかもしれません。

 

相手の怒りより、自分の怒りを優先できる

もうひとつも怒りに関することなんですけど、子どもが通っている障害児用の学童(放課後等デイサービス)でおきたことです。

小学校が終わったあと、学童の人が小学校まで子どもを迎えに行ってくれて、学童が終わった後も家まで送ってくれるんですが、そこで子ども引き渡しのサインをしなければならないんですね。

子どもを引き受けた時間と私の名前をサインします。

学童の人がペンを渡してくれて用紙にサインしたんですが、し終わったあと、相手の人がその用紙をひったくるようにもっていったんですね。

もしかすると急いでいただけかもしれないんですけど、私は「あ、なんか私が気にくわないことをしたから、怒っているのかな?」と関連妄想してしまいました。

じつは心当たりがあって、1か月ほどまえに子どもがケガをしてきたので、それは学童でついたキズなんじゃないかとその人に言ったことがあるんですよね。

子ども本人がそう言うし、私はそれを信じました。

また体操服が破れていたので糸でつまんでおいたんですが、それが全部とられていて、学童の先生がとってしまったんじゃないかと聞いたこともあります。

どちらも最初は否定されたんですが、他の学童の先生に確認をとるとその通りだったので、こちらの言い分の通りでした。

クレームみたいなことを言ったから気を悪くしたかな?

相手のメンツをつぶしてしまったかなと気になっていたんですよね。

(赤の他人には臆病だけど、自分や子どもに関わる人にはけっこう強気です)

でも、私が正しかったのに相手は謝らなかったんですよ。

間違ったことをしたら謝るのは当然ですよね~?

(定型発達の人って、自分が間違っていてもごまかして謝らないよな……)

用紙をひったくられたことをその反撃だと思ったんですが(相手をそんなみみっちい人間だと思う私も私ですが)、今回は「ひったくるなんて失礼ね……とうろたえながら思えました。

顔には出さなかったですけど。

今までは怒りもあった半面、こちらにも不備があったかなと自分を責めましたが、そんな自己否定がなくなりましたね。

自分のなかでモヤモヤした感情に区切りがつけられたというか、怒りの感情を否定しなくなったことが嬉しかったです。

あ、怒りが表面化したからといって、それを相手にぶつけるわけではないので大丈夫です。

でも、将来的にはもっと穏やかな人柄になりたいですね~。

スポンサードリンク

「本物」や「本当に好きなもの」がわかる

これはあまり関係ないかもしれないんですけど、自己肯定感が高まったからかなと思ったので書いておきます。

 

肉まん

最近「ちょっと高級な食べ物」が好きになりましたね。

例えば、肉まん。

私はコンビニで売っている1個100円の肉まんも、ちょっとお高い200円の肉まんもたいした違いを感じなかったんですね。

確かに200円のは皮がもっちりとしているけど、それを美味しいと思わないというか……。

別にどちらでもいいし、むしろ100円の肉まんの方が昔からよく食べてきた味で好きでした。

それが最近は、200円の肉まんのもっちり感が本物志向で好きになりましたね。

高いものはいいものなんだ、世間で美味しいと言われているものは本当に美味しいんだと見地が広がりました。

 

お茶

お茶を買う時も、今まではこだわりがなかったのですが、最近は「生茶」を買っています。

「綾鷹」でも「お~いお茶」でもない、「生茶」の味が好きなんですね。

自分の趣味嗜好がでてきました。

 

ショートケーキ

先週はショートケーキの食べ歩きをしました。

どの店のショートケーキの味が自分に合うのか試したくなったんですね。

仕事をしていたころのせわしない毎日では感じとれなかった本当の自分がでてきています。

人生が楽しいですね。

スポンサードリンク

まとめ

去年、ずっと辞めたかった仕事を辞めて、家で養生するようになってから、刺激が減って精神が落ち着いてきました。

統合失調症がきっかけで辞めたんですが、そのおかげでゆっくりと自分を見つめる機会ができてよかったと思います。

自分が好きなこと(だらだら過ごしたり、嫌われてもいいと開きなおること)をしているからか、自分を責めることも減りました。

※私が実際にしてきたことは、こちらです↓

【嫌われる勇気】自分を認める心理学【悪魔とのおしゃべり】

2017.11.06

自己否定を少なくする6つの方法

2017.10.07

クレーマーになっても、自分を表現したい

2017.07.14

ただ、その時の感情のままに生きる

2017.03.14

今を楽しむ、成長しない

2017.01.23

イライラを出していると、自分が分かるようになる?

2016.12.23

今の環境で好きなことをする

2016.12.22

与えることをしたくない

2016.12.21

なにせ世間の考えとは逆をいっているので、この方法が合っているのかどうか不安でしたが、なんとなく以前より幸せを感じられるようになってきました。

試行錯誤を繰り返しながら歩んでいますが、未来は明るいと思っています。

 

↓おすと、ブログの順位がわかります↓
 

統合失調症ランキング
 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA