【統合失調症の薬】レキサルティ(ブレクスピプラゾール)1mgを1か月間続けた感想【効果&副作用】

こんにちは、はなかです。

統合失調症でおそらく発達障害もある専業主婦ですが、つつがなく日々をおくっております。

 

さて、7月11日にUPした以下の記事(レキサルティをのみはじめた日~2週間の結果)の続きです。

【統合失調症の薬】レキサルティ(ブレクスピプラゾール)の感想【効果&副作用】

現在レキサルティをのみはじめてから1か月がたちました。

レキサルティをのんで2週間をすぎたあたりから、なんと副作用の不眠がなくなりました

他にもいくつかいい変化もあり…。

今日はレキサルティをのんで2週間~4週間目の結果を書いてみようと思います。

 

レキサルティ1mgを1か月間のんでみた結果

不眠が治る

レキサルティをのみはじめると朝3時まで眠れないという不眠の症状がでたので、主治医から入眠材を処方されましたが、結局使わずにすみました

1日おきにレキサルティをのんだ時期もあり、身体が薬に慣れてきて不眠が治ったからです。

私にはいきなり毎日1mgは多かったのかもしれません…。

今は毎日レキサルティ1mgをのんでもきちんと眠れるようになりました。

 

朝に一日の予定をたててその通りに行動できる

レキサルティをのんでから頭がクリアになった気がしましたが、のみはじめて2週間をすぎると、さらに頭の中がさらにクリアになった気がします。

朝に「今日はこれと、これと、これをしよう!」と思いつき、そのとおりに行動できます。

例えば日曜日だと「朝は子どもに勉強をさせて、お昼からおばあちゃん家でいとこと遊ばせて、夕方は夫が帰ってくるから早めにごはん用意をしよう」など。

予定通りに行動できるなんて自分の人生のなかではじめてかも…。

(いつも母親に急かされて生きてきたから)

 

そういえばレキサルティの前薬のエビリファイにも同じような効果がありましたね。

【統合失調症の薬】エビリファイ(アリピプラゾール)の感想【効果&副作用】

エビリファイは自閉症(発達障害)にも効く薬です。

つまり「情報で混乱しやすい」という症状に効いているということなのかな?

レキサルティはこの先、自閉症(発達障害)の治療薬にも使われるかもしれませんね。

 

人と話すときの反応が早くなる

頭の回転が早くなるので、人と話すときの相槌が早くうてます

「うんうん」とか「へー」と言うのがスムーズにできるんですね。

もやもやと色々なことを考えず、相手の話をフィルターなしで素直に聞ける状態です。

これも頭がクリアになったおかげですね。

 

だるさが減る

だるさのせいか人と話をするのがおっくうだったんですけど、今はしゃべるのがあまり苦痛じゃなくなりました。

先ほどの「朝に一日の予定をたててその通りに行動できる」や「人と話すときの反応が早くなる」も、だるさがあると動けませんものね。

鬱っぽさって諸悪の根源ですね。

統合失調症になる前(出産前)の状態に戻ったみたいで嬉しい!

 

レキサルティ(ブレクスピプラゾール)1mgを1か月間のんでみた結果まとめ

なんと、「~(精神薬)をのんだ結果」という記事のなかで、唯一レキサルティのみが副作用なしの結果でした!

(主治医によると、生理不順はレキサルティのせいではないそうです)

私は薬に敏感な体質なのでこれはすごいことです。

レキサルティの効果をまとめると

  • 頭の回転が早くなる
  • 陽性症状(被害妄想)&陰性症状(だるさ)の両方に効く
  • 副作用なし

となり、とても満足する結果でした。

これに調子づき、もっと人の視線が気になる被害妄想を減らしたくなったので、今はレキサルティ2mgに挑戦しています。

その結果はまた次回の記事にします。

ポチっと応援おねがいします♪

こちらの記事もどうですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA