漫画「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」がおもしろかった

ネットサーフィンしてたらよく電子コミックの報告が入ってくるのですが、その中で『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』という漫画を知り、立ち読みしたらところ気になったので、つい購入してしまいました。

 

商品説明を読むと、

「心を開くって、どうするんだっけ…」28歳、性的経験なし。

生きづらい人生の転機。高校卒業から10年間、息苦しさを感じて生きてきた日々。

そんな自分を解き放つために選んだ手段が、「レズビアン風俗」で抱きしめられることだった

──自身を極限まで見つめ突破口を開いた、赤裸々すぎる実録マンガ。

pixiv閲覧数480万超の話題作、全頁改稿・描き下ろしで書籍化。

という感じです。

 

pixivってネットでコミックを発表する場なんですかね?

 

ただで読めないかと思って検索してみましたが駄目でした。

 

立ち読みの部分を読むと、筆者の「大学時代、摂食障害、鬱になりながらも仕事に就くが、ついていけず、『ここ学校じゃないから、必要とされないといられないからね』と言われて居場所がなくなっていくというストーリー」でした。

 

「学校じゃないから必要とされないといられない」という部分に酷く共感し、続きを読みたいと思って購入しました。

 

基本的に筆者の語り口調で話が進んでいき、ふきだしのような会話も少なく、淡々とした印象ですが、病気の様々な症状の描写や、職場で症状が出ながらもなんとか仕事をこなす臨場感はとてもあります。

 

その場その場の心の葛藤にも共感でき、アダルトチルドレン的な要素からくる性的衝動への気づき、なぜレズ風俗に行こうと思ったのか、その経緯がよく分かって深い作品でした。

 

筆者の後半の人生がぎゅっと詰まった一冊になっています。

 

性的描写もありますが、それ自体にはあまり私は興味がなかったのですが、風俗の手順みたいなものがあり、こんななのか〜と私はそこに関心がいきました。

 

感情の描写がたくさんあり、私には分かりにくい表現もありましたが、これでもかと畳み掛けるように懸命に描写しようという姿勢が伝わってきたので、そこが読みごたえがありました。

 

また興味のある方は読んでみて下さい。

こちらの記事もどうですか?