美輪明宏さんの正負の法則と、引き寄せの法則はどちらが正しい?

7年ほど前に、美輪明宏さん著の「ああ正負の法則」という本を買い、最近また読み直しています。

 

私は心屋仁之助さんが好きなのですが、「先に損をする」考え方などはまさに美輪さんの「物事には正と負が必ずある」という考え方そのものだと思います。

 

また「非難を恐れずに自分のしたいことをする」ことも、非難という負と、したいことという正が合わさった考えだと思います。

 

みんな幸せで一点の曇りもない人生を望みますが、病気やトラブルなどの負は、幸福という正を際立たせるための大切なバロメーターだと書いてありました。

 

なかなかそんな境地には立てまんし、私自身は負は全く認めたくないですが……。

 

ちなみに私が今はまっている引き寄せの法則は、「いい気分であればあるほど、いいことを引き寄せる」という考え方ですが、性格のいい人でも、大きな事件や事故に巻き込まれているケースもあるし、これもある意味、正負の法則なのかなと思います。

 

でも幸せな人はより幸せに、不幸な人はより不幸になるという考え方もあるし……。

 

正負の法則と引き寄せの法則、どちらが正しいのかわかりませんが、自分にとって心地いい方を毎回選びながら生きていけたらと思います。

(ずっとプラス思考ばかりだと疲れるので……)

 

↓1日1回クリックが嬉しいです♡↓


統合失調症ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

スポンサードリンク