ジプレキサをのんでみた結果

ジプレキサとは・・・

  • MARTA系の非定型抗精神病薬
  • リスパダールと並んで、最もよく使われている
  • 鎮静作用が強い
  • 陽性症状だけでなく、陰性症状にも効果的
  • アカシジアや高プロラクチン血症などの副作用が少ない
  • 眠気が多い
  • 体重が増加しやすい
  • 血糖値が上がるため糖尿病患者には禁忌
  • 便秘などの抗コリン作用がでやすい
  • 薬価が高め

以上のような特徴をもっています。

 

私が現在服用している薬は、このジプレキサです。

インヴェガの副作用で胃痛や下痢に苦しんでいた時、ジプレキサを0.5mgのむと治まったことが衝撃的でした。

ほとんどの抗精神病薬を試しましたが、副作用が少なく効果が感じられるので、今はこの薬以外考えられません。

過去の処方は0.5mg~3mgと幅広いです。

服薬期間は2016年3月から現在に至るまで、他の薬を試したり用量変更を繰り返しながら適量を見極めました。

のんでみると次のような作用がありました。

 

※ちなみに私の統合失調症の症状は以下の通りです。

  • 陽性症状①……被害妄想(人の視線が悪意に思える・車がぶつかって来るような気がする・音が攻撃してくるような気がする)
  • 陽性症状②……関係妄想(テレビで言っていることが、自分のことを指しているように思える・笑い声が自分に向けられているような気がする・ゴミ、虫などのマイナスの言葉が、自分を指しているように思える)
  • 陽性症状③……思考伝播(自分の考えが相手に伝わっていると感じる)
  • 陰性症状………感情鈍麻(昔好きだったことに興味をもてない)
  • 認知機能障害記憶力の低下(数秒前の考えを忘れる・仕事の手順が覚えられない)
  • その他…………疲労感・不眠(悪夢)・抑うつ・イライラ

現在はジプレキサ1.2mgを継続しており、ほぼ寛解しています。

 

疲れにくい(1mg)

まさに陰性症状に効いてくれます。

ジプレキサを断薬した時があったのですが、1週間ほどで気力がなくなり、ベッドから動けなくなりました。

いきなり断薬したからという理由もあるでしょうが、この時はやはり薬は効いているのだなと実感しました。

他の抗精神病薬、例えばエビリファイやリスパダールも賦活性があるのですが、頭が覚醒しすぎてむりやり身体を動かしているような気持ちになります。

そして緊張の糸が切れるようにドッと疲れが出るんです。

その点ジプレキサは穏やかに効いてくれるので、自然に行動的になり反動がきません。

心が穏やかになり、もともとの私のマイペースな性格に合っているのではないかと思いました。

 

気分がウキウキする(1.5mg)

ジプレキサの抗うつ作用が効きました。

気分がハイになり、毎日が楽しくなります。

これは躁病になったんじゃないか?と不安になりましたが、量を減らすと落ち着きました。

なぜ量を減らしたかですが、アカシジアが出たからなんですね。

身体がムズムズしては続けることができません。

また、子どもに対してイライラが出ました。

精神の抑揚が激しくなったようです。

結局、効能と副作用を天秤にかけると、現在の1.2mgに落ち着きました。

抗精神病薬は少量の変化でも身体に与える影響は大きいですね。

 

よく眠れる(1mg)

統合失調症の症状として、不眠や悪夢があったので、よく睡眠に効いてくれる薬が必要でした。

睡眠薬のマイスリーや抗不安薬のリーゼ・メイラックス・デパス・ロラゼパムも服用しましたが、あまり効きませんでした。

陰性症状による疲れはよく眠ることで回復します。

よく睡眠をとったおかげで、身体が動かなくて辛い時期を乗り切ることができました。

 

夢を見やすい(1mg)

どうもジプレキサを長期間のむと眠りが浅くなるんですね。

最初は眠れるんですが、だんだんと深い睡眠がとれなくなってくるようです。

これはジプレキサに限らず、抗精神病薬全般に感じたことです。

といっても、夢を見るのは目覚める時や昼寝の時間だけなので、あまり支障はありません。

ジプレキサを2mgや3mgにしても、しばらくすると夢を見るようになりました。

増薬しても眠りは深くならないんですね。

反対に0.5mgほどに減薬すると夢をみないのですが、今度は陰性症状である疲れが出てきて身体が動かなくなるのでそうもいきません。

最近はなぜか夢を見ることも減っているので大丈夫ですが。

体調も関係しているのかもしれません。

特に気に障るような症状ではないので、医師に報告するだけにしています。

今後、減薬できることがあれば嬉しいです。

 

頭がぼっとして、働かない(1.5mg)

この症状は、私は結構好きなんですけどね 笑

現実逃避して夢の中にいるようで、心地いいです。

心が鈍くなっている分、落ち込まないし不安感もなくなるんです。

頭が熱くなって薬が効いている感じがして、精神が薬で支えられているのが分かります。

2mgや3mgではそれが顕著ですね。

しかし量が多くなると、服薬して3週間ほどで頭が重くなり、気分が滅入るようになります。

何もする気がおきなくなり、ベッドに伏せることになります。

ジプレキサの統合失調症の用量は5mg~20mgなので、私の場合、それよりも随分少ない量で副作用が出ますね。

個人差もあるので、薬の種類や用量は自分に合うものを探し求めなければなりません。

何事も適正が大事ですね。

 

食欲やむくみが出る(1.5mg)

これが顕著に表れるのは、1.5mg以上です。

1mg飲んだ時から、食欲やむくみが出はじめました。

しかし、むくみはすばらくすると収まります。

食欲は治まりませんが・・・。

口さみしく、甘いものが食べたくなります。

気にするほどではないので、この理由で用量の変更は考えてません。

 

音楽性幻聴がある

エビリファイからジプレキサに変薬してから、音楽が聞こえるようになりました。

インヴェガをのんで聞こえたこともあります。

といっても耳から聞こえるのではなく、頭の中でぐるぐると音楽が鳴っているような感覚です。

テレビのCM、携帯ゲーム、CDの曲など、偶然聞こえてきた音が頭に残る感じです。

また、夢の中で音楽が流れることもあります。

医師に尋ねると、それは音楽性幻聴だねと言われました。

思春期にも友人に聞くと同じ症状があったし、今家族に聞いても、そのようなことは誰にでもあると言いますが・・・。

私は最初から統合失調症なのに幻聴があったわけではないので、医師も驚いていたのですが、抗精神病薬をのんでから幻聴が聞こえるようになるとは思いませんでした。

医師に聞いても、それは薬のせいじゃないと言うし・・・。

抗精神病薬は劇薬なので、どんな副作用が現れるか分かりません。

現に私はインヴェガを適応量服用しただけで、断薬した後も、ものすごい胃痛と腹痛が長期間続きました。

関連記事:インヴェガをのんでみた結果

医師に相談しても、我慢して下さいとか、それは病状の一種ですとしか言われません。

自分の身は自分で守らなくてはならないと実感したので、薬の副作用には敏感です。

完全に断薬はできないでしょうが、今後はオーソモレキュラー療法(栄養療法)を取り入れて減薬できるようになればいいと思っています。

 

アカシジアが出る(1.5mg)

現在は1.2mgをのんでいますが、夜寝る時に少し足がムズムズとするだけでほとんど気になりません。

1.5mg以上のむと、アカシジアが強く出ますね。

といっても少量であれば、リボトリールやアキネトンなどの副作用止めを飲まなくても継続できる唯一の薬がジプレキサです。

他のどの薬でもアカシジアが出たので、ジプレキサは私にとって重宝しますね。

 

感想

冒頭でも述べましたが、ジプレキサほど私に合った薬はありませんでした。

ジプレキサを継続して半年ほどのんでいますが、当時特にひどかった

  • 不安感
  • 孤独感
  • 疲労感
  • 人の視線が悪意に思える被害妄想
  • 音や光に対する神経過敏

が治まってきています。

子どもを産む前(統合失調症と診断される前)に感じていたイライラや疲労感も減少しました。

まだ気になる症状としては

  • イライラ(特に夫や子どもに対して)
  • 記憶力の低下

がありますが、医師によると抗精神病薬は続けることで症状が改善していくそうなので、今後に期待します。

音楽性幻聴や夢を見やすいことも気になりますが、ジプレキサをのみ始めた時と比べると症状は減りました。

順調に体調が回復しているので、生活リズムを大きく変えずに更なる寛解を目指したいと思います。

 

関連記事:



(ランキングに参加してます)


統合失調症ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA